すみだノート『思いがけず帰ってきた町・錦糸町』

2021年6月12日 すみだノートに掲載

墨田区の情報誌「すみだノート2021年夏号」に記事が掲載されました。

記事は、すみだノートのウェブサイトでも読むことが出来ます!

  https://www.sumida-note.com/memory/202106_tamaki/

思いがけず帰ってきた町·錦糸町
  浪曲師・河内音頭音頭取り 瑞姫(たまき)

 私、瑞姫は江戸川区出身。高校は墨田区の両国高校に通っておりました。進学校として知られた高校ですが、勉強ギライの私は先生方や生徒たちの勉学への熱意や取り組みに圧倒されっぱなし。とはいえ・・・・・

202106tamaki.jpg

瑞姫「景清の娘」「亀甲縞治兵衛」~美人浪曲師のパフォーマンスが皆を明るく!

寄席チャンネルにて、2021年7月17日より放送開始

2021年5月22日に浅草木馬亭で開催した「瑞姫の浪曲を聴く会」の模様が、ケーブルテレビ、スカパーなどで放送されている寄席チャンネルでたっぷり見ることができます。

​しかも新作の「景清の娘」と、ご存知「亀甲縞治兵衛」の二題。是非お見逃し無く!!

~アパレルメーカー勤務の才媛が浪曲に魅せられて転身! 瑞姫
アパレルメーカー勤務の才媛が浪曲に魅せられ転身!瑞姫(たまき)がうなる演目は、平家の侍・景清の孝行娘・糸滝の物語と、亀甲縞の織物を宣伝しようと奮闘する治兵衛の物語。

~コロナに負けるな!笑いの灯を絶やすな!戦い続ける演芸家を寄席チャンネルは応援!


《「夢 寄席」~笑活 ヨセ女はじめました~》

(2021年5月22日浅草・木馬亭にて収録。瑞姫(たまき)の浪曲を聴く会)

<放送日>
7/17(土)21:00, 7/23(金)23:00, 7/27(火)25:30 他

​コロナ禍で舞台中止続いた女性浪曲師・瑞姫の思い「床を拭いて自分もキレイに」…27日に公演

デイリースポーツオンライン(2020/9/24)

tamaki_005_20200920_600.jpg

コロナ禍で多くのイベントや公演が今春以降、中止や延期になった。現在も感染拡大が収まる見通しは立っていないが、スポーツや芸能など興行の世界では今秋から観客の入場制限緩和にかじを切り、徐々にではあるが、半年間の「失われた時間」を取り戻そうという動きになっている。初舞台から27年にしてデビューCDをリリースし、さらなる活躍が期待された今年、出演舞台が中止になるなどした浪曲師・瑞姫(たまき)にスポットを当て、その歩みや思いを聞いた。

​以下 デイリースポーツオンラインにて

 

 https://www.daily.co.jp/society/life/2020/09/24/0013725578.shtml